手話サークル紹介

 

手話サークルとは…

手話サークルとは…
 

日本で初めて手話サークルが誕生したのは1963(昭和38)年9月。京都市手話学習会「みみずく」と言われています。設立のきっかけは、1人の聴障者(当時、京都府立ろう学校教諭)が京都第二日赤病院に胃潰瘍治療のため入院したことでした。その患者の看護担当は、看護学生で、彼女は、お互いの意思疎通ができるより良い看護がしたいという思いから、彼女の通っていた定時制高校(同志社高校)の仲間に呼びかけました。その結果、約20名が集まり、ろうあ者や京都府立身体障害者センターの協力を得て手話サークル「みみずく」が生まれました。和歌山では昭和45年、たんぽぽ(和歌山市)手話サークルが始まり、県下の手話サークル同士の横のつながりを強め、聴覚障害者への関心と手話を広げていこうと、1975(昭和50)年に和歌山県手話サークル連盟が発足しました。

はじめは9サークルでスタートしましたが、手話サークルが増えるにつれて加盟サークルも増え、お互いのサークル活動を励ましあいながら、県内に手話を広め 聴覚障害者問題に対する活発な取り組みを進めています。

 

ほとんどのサークルで週1回の例会が開かれ、手話の学習と聴覚障害者との交流を行っています。

現在、和歌山県手話サークル連盟に加盟されているサークルは「紹介一覧表」のとおりです。

068835
一般社団法人
和歌山県聴覚障害者協会
 
【法人事務所】
〒640-8319 和歌山市手平2‐1‐2
和歌山ビッグ愛 6階
FAX:073-488-5233
TEL:073-488-5243
代表 e-mail(法人事務局)
  
本会運営:事業所(6カ所)
◆地域活動支援センター
 「紀州の手」
◆就労継続支援B型
 「手の郷」
◆住宅型有料老人ホーム
 「きのくにの手」
◆訪問介護支援
 「なごみの手」
◆デイサービスセンター
  「加納の手」
◆指定管理
 県聴覚障害者情報センター
<<一般社団法人和歌山県聴覚障害者協会>> 〒640-8319 和歌山市手平2-1-2 和歌山ビッグ愛 6階 TEL:073-488-5243 FAX:073-488-5233