2016年度活動報告

 

全日本ろうあ連盟創立70周年記念 ドキュメンタリー映画 和歌山地域上映会

全日本ろうあ連盟創立70周年記念 ドキュメンタリー映画 和歌山地域上映会
 

「段また段を成して」和歌山地域上映会を各地にて行った。

鑑賞者の感想。

▼A氏(つばさ手話サークル)1月7日(土)岩出市/差別や偏見と闘い続け、苦労の末一歩一歩人権を獲得していった70年にわたるろうあ運動の背景、歴史を知ることができました。と同時に、社会を変えるには仲間や組織が大切であり、大きな力になるということがよくわかりました。

▼B氏(こだま手話サークル)1月14日(土)和歌山市/法律の中に、民法11条や道交法88条等差別法令があった事実を初めて知りました。戦後70年、その権利を獲得していく為、様々な活動を推し進めた方々の思いが伝わりました。句碑「手話はいのち」手話を学び始めて1年ですが、「いのち」を大きく育み、「いのち」仲間をふやしていければと思っています。
 
目標鑑賞数より超えました。ありがとうございました。
 

第36回耳の日記念のつどい(2017. 03.19)

第36回耳の日記念のつどい(2017. 03.19)
 

県聴障協恒例のビッグイベント「第36回耳の日記念のつどい」が3月19日(日)午前11時より、有田川町立吉備中学校体育館に県内各地から聴覚障害者や手話関係者、一般県民など360名が集まり盛大に開催された。

第一部の式典で主催者あいさつのあと、県及び有田川町のご来賓の方々からご祝辞をいただいた。

また、地元実行委員が「耳の日アピール2017」を力強く手話で発表し、参加者全員、満場一致で採択された。感謝状贈呈式では玉置敬子様、畑中静子様、故前迫綾子様に贈呈された。

第二部は講師の今井彰人氏がテーマ「日本手話のすごさは?」と題して記念講演、劇「母の日」映画「耳は、人生」劇「日本手話VS日本語対応手話」を今井彰人さんと宮崎優作さん二人で上演。GoGoしゅわーるどで、参加者と一緒に手話歌で盛り上がり、素晴らしい内容でまた、豊かな手話で参加者を魅了しました。

フィナーレは、つどい恒例の「大福引」特等から4等まで計15本を抽選し、当選が決まるたびに会場がどよめいた。次回開催地の紀北ブロックにバットタッチして来年の再会を約束しつつ、充実した「第36回耳の日記念のつどい」は幕を閉じた。
 

第4回県聴障協理事会報告(2016.02.18~19)

第4回県聴障協理事会報告(2016.02.18~19)
 

2月18日~19日、御坊市中央公民館にてミュニティセンターにて、2016年度第4回理事会を開催した。

主な審議事項は

・2017年度活動方針の件

・手話言語条例の取組みの件

・情報センターの件

・段また段を成して」上映会の進捗の件

・募金運動の件

・第36回耳の日記念のつどいの件

 

他にも多くの議題がありましたが、予定どおり全ての議題を無事に終了した。
 

2016年度近畿ろうあ連盟幹部研修会開催(2017.01.21~22)

2016年度近畿ろうあ連盟幹部研修会開催(2017.01.21~22)
 

1月21日()~22日(日)にかけて、大阪府谷町福祉センター他にて、近畿ろうあ連盟幹部研修会が行われた。和歌山から15名が参加した。

1日目は開会、パネルディスカッション「手話通訳者の現状と未来」のテーマで3名のパネラーは米野規子氏、稲豊氏、前原ゆかり氏。

2日目は、第1分科会「手話言語条例づくり」第2分科会「障害者差別解消法・改正障害者雇用促進法施行後」第3分科会「会員拡大・日聴紙・みみ・後援会会員拡大と魅力あふれる行事」に分かれて議論。幹部研修会の他に21日の午前に近畿地区代表者協議会と22日の午後に全日本ろうあ連盟近畿地区選出評議員会も開催された。
 

新春のつどい(2017.01.15)

新春のつどい(2017.01.15)
 

1月15日()、串本ロイヤルホテルで新春のつどいを開催した。最南端の串本に、70人参加して頂き、地元協会の私達にとっては、とても嬉しく思った。当日は、天候にも恵まれ、これは串本町出身の故馬場正義さんが見守ってくれたおかげだと思いました。

司会担当の文化部長が、かわいい鶏の着ぐるみで登場し、地元歓迎の挨拶、主催挨拶をし、地元協会副会長が乾杯発声の後、皆さんで楽しく過ごした。ビンゴゲームを行う途中、飛び入りでピコ太郎のものまねがあり、大笑いして、盛り上がった。
 

当協会女性部創立60周年記念パーティ(2016.12.17)

当協会女性部創立60周年記念パーティ(2016.12.17)
 
ホテルグランヴィア和歌山に52名が集い、盛大に行われた。ふくろうの郷にいる3代目婦人部長の前迫綾子さん、5代目婦人部長の吉見輝子さんのビデオレター、歴代部長によるトークショーで60年を振り返った。先輩たちがつなぎ続けてきたバトンをこれからも受け継ぎ、楽しい、パワーのある女性部を築いていこうと確認し合った。
 

「夢・ふれ愛・心のつながり」手話学習会(2016.12.04)

「夢・ふれ愛・心のつながり」手話学習会(2016.12.04)
 
和歌山市中央コミュティセンターで「夢・れ愛・心のつながり」の学習会を開催、50名が集まった。奈良から吉本努氏(奈良県立ろう学校 教師)を招いて「絵本の読み聞かせ」のテーマで講演さた。手話にユーモアがあふれて、充実した内容を学ぶことができた。
 

第3回和歌山 福祉・労働フォーラム開催(2016.11.23)

第3回和歌山 福祉・労働フォーラム開催(2016.11.23)
 

第3回和歌山福祉・労働フォーラムを11月23日(水・祝)和歌山市中央コミュニティセンターで開かれた。テーマ「雇用率、改正障害者雇用促進法とこれからの取り組み」で講師は斉藤渡氏(大阪ろうあ会館在宅支援課労働グループワーフライフ支援担当)を招き、障害者雇用促進法の基礎知識、合理的指針の基本的な考え方、支援の中心となる諸制度などをていねいに話して下さった。ハローワークに手話協力員がいることとジョブコーチ支援事業があり、障害当事者が活動しないと何も動かないので、仕事を探す時に積極的にハローワークへ行ったり、相談したりすると良いそうで、諸制度を上手に使い連携し、相談出来る場所を作ることが大事だとおっしゃっていた。

 

第3回県聴障協理事会報告(2016.11.20)

第3回県聴障協理事会報告(2016.11.20)
 

11月20日(日)、9時30分から、岩出地区公民館にて、2016年度第3回理事会を執り行った。

主な審議事項は

・手話言語条例の取組みの件

・障害者差別解消法に関わり和歌山としての取組みの件・募金運動の件

・事業の状況及び事業拡大の取組みの件

・体育系及び文化系のクラブ(部)への補助金基準の件

・手話検定(来年度より2級、3級のついて)の件

他にも多くの議題がありましたが、特に情報センターに関して長い議論により、予定より1時間遅れて18時まで全ての議題を無事に終了した。
 

災害学習会と情報交換会『土砂災害から身を守るために』(2016.10.30)

災害学習会と情報交換会『土砂災害から身を守るために』(2016.10.30)
 

10月30日()午後1時から、災害学習会と情報交換会が和歌山市ふれ愛センターで行われた。参加者は29名。

まず和歌山県土整備部河川・下水道局砂防課の吉松泰仁氏、吉田廉子氏から『土砂災害から身を守るために』を説明して頂いた。

その後、各地域の取組方法を各郡市協会が報告。そしてバンダナ製作についてを色んな意見があったが、統一のバンダナについては賛成が多かった。
 

当協会創立70周年記念集会(2016.10.16)

当協会創立70周年記念集会(2016.10.16)
 

県聴障協の創立70周年記念集会が10月16日(日)ルミエール華月殿にて盛大に拳行された。135名がかけつけ、旧友との再会を喜びあう場面が会場のあちらこちらで見られた。

主催者あいさつのあと、和歌山市、全日本ろうあ連盟、近畿ろうあ連盟のご来賓の方々からご祝辞をいただき来賓の方々のご紹介も行った。、和歌山県知事からはメッセージをいただいた。乾杯と食事のあと、プレゼン・ビデオレターやトークショーで歴史をふり返るとともに、この重みをしっかりと受けとめ、これからの新しい時代に向かう決意を確かめ合った。皆さまに支えていただき、心から感謝いたします。
 

県聴障協ボウリング大会(2016.10.09)

県聴障協ボウリング大会(2016.10.09)
 
10月9日(日)午後1時から、紀北ブロック(紀の川岩出聴覚障害者協会)主管で紀の川ボウルにて、県聴障協ボウリング大会が行われた。参加者は約30名。3ゲーム最高スコアは198点。皆さんとても楽しんでいました。
 

第66回近畿ろうあ者大会開催(2016.10.02)

第66回近畿ろうあ者大会開催(2016.10.02)
 
10月2日にエル・おおさかにて第66回近畿ろうあ者大会で行われた。近畿で900名、和歌山からも50人か参加した。午前の部は大会式典、その後、議事に入り、議案などを可決した。昼休みには、高齢部と青年部と食事をしながらの交流会があった。午後の部はアトラクション、吹田ろうあ太鼓、那須英彰氏、小野寺善子氏二人のトークショー(生い立ちやキャスターになったきっかけ等)、いくらサーカスが披露された。福引きも楽しんだ。福田美枝子会長が舞台上で和歌山ろうあ老人ホーム募金協力を訴えた。
 

第28回全国ろうあ高齢者大会in新潟(2016.09.23~25)

第28回全国ろうあ高齢者大会in新潟(2016.09.23~25)
 
9月23日(金)~25日(日)、第28回全国ろうあ高齢者大会in新潟に全国各地から約710人が参加した。和歌山からは22名。24日、新潟テルサにて午前10時から大会式典が始まり、午後はアトラクションでした。25日、新潟市陸上競技場で、ゲートボール、グランドゴルフ各競技大会を行なった。グランウドゴルフ競技では、全国から18チームが出場、和歌山Bチームが惜しくも三年連覇ならず、3位だった。
 

第28回和歌山県手話通訳問題研究集会が開催(2016.09.11)

第28回和歌山県手話通訳問題研究集会が開催(2016.09.11)
 

テーマ「みんなで考えよう、災害から命を守ること!」

9月11日(日)に第28回和歌山県手話通訳問題研究集会が那智勝浦町福祉健康センターで開催された。参加は106名と多く、盛大だった。
 

第24回近畿ろうあボウリング選手権大会(2016.08.27~08.28)

第24回近畿ろうあボウリング選手権大会(2016.08.27~08.28)
 
和歌山市のグランドボウルにて第24回近畿ろうあボウリング選手権大会が開催された。和歌山は9人参加した。団体戦は和歌山Aチームで6年ぶりに優勝。総合個人戦でも見事に準優勝した。おめでとうございます!
 

第2回県聴障協理事会報告(2016.08.21)

第2回県聴障協理事会報告(2016.08.21)
 

8月21日(日)、田辺市万呂コミュニティセンターにて、2016年度第2回理事会を開催した。

主な審議事項

・手話言語条例の取組みの件

・障害者差別解消法に関わり和歌山としての取組みの件

・情報センターの件

・募金運動の件

・既存事業の状況及び今後の事業拡大への取組みの件

・手話検定の件

・会計状況の件

 予定どおり17時までに全ての議題を無事に終了した。
 

2016年度前期福祉バス「いこいの村」(京都府)見学(2016.07.23)

2016年度前期福祉バス「いこいの村」(京都府)見学(2016.07.23)
 

7月23日(土) 参加人数35名。

「いこいの村」の見学で、一番思ったことは「手話で話せる場所」。自分の思っていること、自分の気持ちをお互いに手話で話せる「ろうあ高齢者の様子」を見て、それが本当の「自分の場所」かなと思った。「行ってよかった」だけでなく、「若い私たちが頑張る必要がある」と反省した。本当に参加してよかった。
 

夢・ふれ愛・心のつながり(2016.07.03)

夢・ふれ愛・心のつながり(2016.07.03)
 
7月3日(日)和歌山県勤労福祉会館プラザホープで「夢・ふれ愛・心のつながり」の学習会を開催、70名が集まった。三重県から前松阪市長の山中光茂氏を招いて「人生と手話との出会い」のテーマで講演された。市長在任中、松阪市ろうあ協会とともに、「松阪市手と手でハートをつなぐ手話条例」の制定の経過や「手話の輪」を広めたことがよくわかる講演だった。
 

当法人「2016年度社員総会」開催(2016.06.19)

当法人「2016年度社員総会」開催(2016.06.19)
 

「和歌山市あいあいセンターで開かれた。すべての議案が多数で承認・可決された。

代議員の出席者は67名。

議事の合間に任期(2年)満了に伴う役員選挙が行われ、定数14名に12名の立候補があり、12名が当選、監事も2名当選。県聴障協会長に福田美枝子氏が再選(三期目)した。

その後、報告・連絡事項では「基本方針、募金運動(老人ホーム)の今後について」を行ない、17時に総会を閉会となった。
 

第64回全国ろうあ者大会inとくしまが開催(2016.06.8~06.12)

第64回全国ろうあ者大会inとくしまが開催(2016.06.8~06.12)
 
6月8日~12日、徳島県・アスティとくしまにおいて、第64回全国ろうあ者大会「水の都徳島で 未来につなぐ 輝きを広めよう」が開かれ、各都道府県から、約2,100名の参加者が集いました。和歌山からは17名が参加。評議員会全体集会において、全国の皆さんに老人ホーム募金運動の協力を訴えた。
 

第43回近畿ろうあ者体育大会(兵庫)(2016.05.21~05.21)

第43回近畿ろうあ者体育大会(兵庫)(2016.05.21~05.21)
 

標記のとおり兵庫県内の各競技大会が行われ、成績は次のとおりです。

・第69回軟式野球競技/和歌山プレイボーイズ1回戦敗退

・第55回卓球競技 女子団体/三位:和歌山、混合ダブルス/三位

・(オープン)フットサル競技/4位=和歌山ピラッタ

・第26回ボウリング競技/団体戦/男女共4位、個人戦/3位以上無し

 

2016年度 第1回県聴障協理事会報告(2016.05.15)

2016年度 第1回県聴障協理事会報告(2016.05.15)
 

5月15日(日)、9時30分から17時まで、和歌山市河南コミュニティセンターにて、2016年度第1回理事会が開催され、会長が議長をつとめ進行を行なった。

主な審議事項

・2016年度代議員会の件

・2016年度~2017年度代議員名簿選出の進捗の件

・諸規則の改正及び新規規則の件

・各事業(紀州の手・手の郷)の進捗の件

・募金活動の取組みの件

・手話言語条例への取組みの件

・県身障連の移転及び情報センター運営の件

について審議。他にも多くの議題がありましたが、予定どおり全ての議題を無事に終了できた。
一般社団法人
和歌山県聴覚障害者協会
 
【本事務所】
〒640-8319
和歌山県和歌山市
手平2‐1‐2
和歌山ビッグ愛 6階
FAX:073-488-5233
  
地域活動支援センター
「紀州の手」
〒640-8024
和歌山市元寺町1丁目55番地
FAX:073-488-8751
TEL:073-488-8752
 
障害者就労継続支援B型
「手の郷」
〒640-0033
和歌山市本町1丁目33番地
FAX:073-488-7829
TEL:073-488-7828
051974
<<一般社団法人和歌山県聴覚障害者協会>> 〒640-8319 和歌山市手平2-1-2 和歌山ビッグ愛 6階 TEL:073-488-5243 FAX:073-488-5233